スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

37曲目 "Terminus" - Photek

Photek.jpg
"Solaris"(2000/Virgin)

00年度頭ごろよく聴いたフォーテック。
おおざっぱに言うとドラムンベース。

大学の時に「Ni-Ten-Ichi-Ryu(二天一流)」という、
延々ドラムでチャンバラやってるような曲で衝撃を
受けて以来気になってたクリエーターだが、このアルバムで見事激ハマリ。

なんといってもアルバム1曲目を飾るこのシングルのかっこよさといったら。

この曲のベースドラムの音色は太鼓みたいに野太いやつなんだけど、
その上にもう1個絡まってる「ガシャガシャ」って金属系ドラムとの
祭りを感じさせるコラボっぷりがたまりません。

アルバムにはボーカルモノも入ってるけど、
このテの音にボーカルはいらんなぁ、自分は。

"Terminus" (Not PV)
Photek (wikipedia)

2010/05/07 00:55 | House/Techno/ElectronicaCOMMENT(0)  TOP

36曲目 "E Samba" - Junior Jack

JuniorJack.jpg
"Trust It"(2004/Play It Again Sam)

野外の夏フェスでビール片手に盛り上がるなら
やっぱり何といってもラテンハウスものでしょう!
細々したのは聴いてられないぜ!!

サンバ系はたぶん全部ツボだと思うのでこのジャンルは
ぜひとも開拓していきたいところです(あまりに無知すぎるので・・)。

ちなみに90年代では
やっぱりFatboys Slimの「Everybody Loves A Carnival」!!
我ながらチョイスが古いねぇ。。

"E Samba" (PV)
Junior Jack (wikipedia)

2010/05/07 00:35 | House/Techno/ElectronicaCOMMENT(4)  TOP

23曲目 "Into Your Eyes" - Armand Van Helden

Nympho.jpg
"Nympho"(2005/Southern Fried Records)

全米の結構古株なリミキサー。
90年代終わりごろはニューヨークで一番リミックスの依頼料が高い
とか言われてた。ほんとか??

そんな彼も00年代に入るとだんだんはっちゃけはじめ、
この曲にいたっては80’sロックを取りあげる始末。

10年前の音楽は恥ずかしくて
20年前の音楽は好奇心でもてはやされるなんて言うけど
00’sは80年代の音がよく使われたデッケイドだったように思う。

この曲は87年のアンディ・テイラー(デュラン・デュラン)の
「I Might Lie」をくどいくらいにサンプリング。
適度なB級っぽさと、ちょっと茶化した感じがいい!

"Into Your Eyes"(PV)
Armand Van Helden(wikipedia)

2010/03/02 00:53 | House/Techno/ElectronicaCOMMENT(4)  TOP

22曲目 "Nice Weather For Ducks" - Lemon Jelly

LostHorizons.jpg
"Lost Horizons"(2002/XL Recordings)

エレクトロ+環境音楽?

「ナイス・ウェザー・フォー・ダックス」というタイトルが
音をずばりあらわしている感じ。4月の晴れた日曜日に田園地帯を
サイクリングしながら聴きたい曲。伝わらんかもしれんけど
日本のインストデュオ デパペペの「Summer Parade」あたりと
同じ括りで扱いたくなるのは自分だけだろうか(笑)。

この曲含め1stはホノボノハッピーエレクトロニカな音だったけど、
2ndは打ってかわってコンセプトハウスアルバムに。
全曲サンプリングではなく、その曲をモチーフに再構築した曲ばかりを収録。

"Nice Weather For Ducks"(PV)
Lemon Jelly(wikipedia)

2010/03/02 00:38 | House/Techno/ElectronicaCOMMENT(2)  TOP

19曲目 "These Dreams" - Space Cowboy

BigCityNights.jpg
"Big City Nights"(2005/Tiger Trax)

エレクトロ版カニウ・ウエストというか、
立ち位置はエンターテイナーということでいいと思う。

雑食雑食言われる割には比較的ロックよりのパーティ
トラックが多い彼のアルバム。1stは比較的ヒップホップ
エレクトロみたいなのが多くてマシだったが、2ndは更に
ロックぽさがあからさまになった気が。

その中にあってこの曲だけはまだちょっとネタありきな感じで
ヒップホップ色が強くて面白い。くどいくらいのフレーズ
連呼パターンの曲だけど、これくらいアクが強いほうが好き。

1stでプリンス、2ndでレニクラ、と
割と大物のメジャーヒットをほとんど味付けせずそのまま
カバーしてたけど、ああいうのは最近でもやってるのかな。
3rd以降聴いてないのでわからんが。

"These Dreams"(Not PV)
Space Cowboy(wikipedia)

2010/02/26 01:05 | House/Techno/ElectronicaCOMMENT(2)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。