スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

49曲目 "Flux"- Bloc Party

200px-Flux_(Bloc_Party).jpg
"Flux (Single)" (2007/??)


このバンドにはまったく興味がなかったのだが
この1曲だけ当時すごく耳について、やけに気になっていた曲。
オートチューン使いまくりで、エレクトロしいにもほどがある。
高速で空中飛行してる感じ。なんとなくマドンナの「Ray Of Light」
のロック版というか焼き直しみたいにも感じるが。

なんちゃって円谷プロみたいなウルトラマン風PVも
意外とこの音の世界観にあってるのかも。

"Flux" (PV)
Bloc Party (wikipedia)

2010/07/16 23:37 | Rock(US/UK/Others)COMMENT(4)  TOP

41曲目 "Tear You Apart" - She Wants Revenge

SheWantsRevenge.jpg
"She Wants Revenge" (2006/Flawless)

嫌がらせのようにこんなんばっかりで(笑)。
どうだいみんな~?ひどいだろ~?(BYくまだまさし)

お経ソングズ万歳。

以下06年08月11日サマソニ大阪での観戦後の記録より(そのまま掲載)。

-------------------
でSHE WANTS REVENGE 途中から見た。一応難無く最前列
さく前まで行けた。なぜかギターがずっと後ろ向き。
しかし音が音だけにどこまでが生でどこまでが打ち込み
かわかりませんな。TEAR YOU APARTで終了。あーよー踊った。
近くにいたカップルの男いわく「すげー念仏みたい!」
だから言ったじゃん。念仏ロックだって。


"Tear You Apart" (PV)
She Wants Revenge (wikipedia)

2010/07/13 00:10 | Rock(US/UK/Others)COMMENT(0)  TOP

40曲目 "The Bad Touch" - The Bloodhound Gang

HoorayForBoobies.jpg
"Hooray For Boobies"(1999/Interscope)

一応シングルのリリースは2000年なんで。
これも39位のMickey Avalonと同じく
悪ふざけ酷過ぎ+生理的にダメな人大すぎ系。

あの野坂さんをもってして当時のメルマガのUKチャート
紹介でこれはひどすぎると酷評された曲。

彼らの曲は人前で歌うときは周りに外人いないか気をつけないと、
笑えない下ネタ+笑えない差別系の曲が多すぎだからね。
歌詞とか無視して聴く分にはすごく楽しいのだが。
この曲も妙にレトロ調だし。UKでは00年春に4位まで上がる大ヒット。

"The Bad Touch" (PV)
The Bloodhound Gang (wikipedia)

2010/07/12 23:57 | Rock(US/UK/Others)COMMENT(0)  TOP

35曲目 "Swing, Swing" - The All-American Rejects

TheAAR.jpg
"The All-American Rejects" (2003/DreamWorks)

2曲前のWheatusのところでも名前を出したが、オールアメリカンリジェクツ。

King Of Popがマイケルジャクソンなら、
King Of Pop Rockの称号を彼らに与えたいくらい。

一応この「Swing Swing」がデビュー曲。
モダロク8位は一応彼らのロックチャートでの最高成績。
というよりそれ以降のシングルでまともにロックチャートで
ヒットした曲がない・・。

聖歌チックな導入部、
いきなり裏声満載のありえないAメロ、
サビに向けて期待感を高めてくれる右肩上がりのBメロ、
そしてこれまたわかりやすすぎるサビメロ。
言うことなし。

他のアルバム曲も安っぽい打ち込みドラム使ってたりとか、
細かいところまでこだわりが感じられる超ポップなつくり。
その徹底っぷりはディズニーランドのようだ。プロが作った徹底したポップさ。
2nd以降聴いていないが、とにかく1st抜きでは語れないだろう、このバンドは。

"Swing Swing" (PV)
The All-American Rejects (wikipedia)

2010/05/07 00:06 | Rock(US/UK/Others)COMMENT(0)  TOP

34曲目 "Get Over It" - OK Go

OKGo.jpg
"OK Go"(2002/Capitol)

メンバー自体がカーズやチープトリックが好きということで、
その辺が好きな80'sオールドタイマーを根こそぎ唸らせた1stアルバム(笑)。

その中でも、かなりの80's憧憬っぷりを見せるこの曲が彼らのデビューヒット。
モダロクチャート最高20位だからそんなに認知度ないはずなのに
なぜか自分の周りでは人気が高かったような気がするのは気のせいか?

「へーい げっげっげっ げっおーばいー」という、初めて聴いた人も
カラオケで一緒に合いの手を入れられてしまう、このわかり易すさが魅力。
酒場力の高さは半端なさそう。

面白PVで大々的にブレイクした2ndからの唯一の40ヒット
「Here It Goes Again」はどう考えてもナックの「My Sharona」だし、
ところどころ狙ってやってるとしか思えないが、1stアルバムを通して聴くと、
80'sというより普通に90年代後半のパワーポップ系のほうが近い気がする。

"Get Over It" (PV)
OK Go (wikipedia)

2010/05/06 23:47 | Rock(US/UK/Others)COMMENT(0)  TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。